こまめブログ別館

日々の生活をいろいろと

テンキーは左にあったほうが便利じゃない?

なんとなくイキオイで、電卓機能付きのワイヤレステンキーを買いました。

f:id:Littlebeans:20170727215558j:plain

 

でまあ、ノートPCにしてもデスクトップ用のキーボードにしてもテンキーは右側に付いているわけでして、

f:id:Littlebeans:20170727215655j:plain

 

なんの疑問もなくテンキーを右側に置いたわけですけれども、

f:id:Littlebeans:20170727215745j:plain

 

あれ、ひょっとして右じゃなくてもよくね? と思いまして、

f:id:Littlebeans:20170727215819j:plain

 

これが意外にイイ感じです。

f:id:Littlebeans:20170727215841j:plain

 

右手でマウスを使えば持ち替える必要はないし

f:id:Littlebeans:20170727215943j:plain

 

メモを書いたりとか、いろいろできるなあ、と。

f:id:Littlebeans:20170727220017j:plain

 

学生時代に簿記をちょっとだけ勉強したんですけど、そのときも左手で電卓を使っていたので、わりとしっくりきます。

f:id:Littlebeans:20170727220233j:plain

 

これは画期的発見なのデワ!? と思ったんですけど、もうだいぶ昔から言われていることだったんですね。「もう何周目だよ」という声が聞こえてきそうです。でも気が付かなかったなー。

 

 

ちなみに自分は右利きです。左利きの人はゴメンナサイ。むしろ、左利きの人はどんなのがいいのかを聞いてみたいです。

テキスト検索がオワコン化する未来

ARグラスとか3Dホログラムとか、まあそんなのがあったとして、

f:id:Littlebeans:20170723001813j:plain

 

とりあえず音声で質問するじゃないですか

f:id:Littlebeans:20170723001851j:plain

 

すると、目の前に3Dの映像が出るでしょ?

f:id:Littlebeans:20170723001934j:plain

 

ジェスチャーで回転させたり、駆動させたりできるでしょ?

f:id:Littlebeans:20170723002009j:plain

 

質問したら、回答してくれるでしょ?

f:id:Littlebeans:20170723002342j:plain

 

見ている部分を判断して勝手に説明しそうじゃない?

f:id:Littlebeans:20170723002427j:plain

 

場合によっては、AIがほかの質問をサジェストしてくるかもよ?

f:id:Littlebeans:20170723002512j:plain

 

このデータ仕様を決めたところが覇権を握れるかも、というのは別の話として、

 

ARグラスを通して見るだけでAIが自動的に判断して、知りたいことがわかるようになるわけでしょ?

f:id:Littlebeans:20170723002728j:plain

 

こんな未来があと数年でやってくるのか、それとも10年以上かかるのかはわからないけど、なんとなく実現しそうじゃない?

 

だとしたらいまWebで、もっと言えばテキストベースのコンテンツで食べている人間は、いったいどうしたらいいんだろう。

 

いまのところ、結論は出てないです。

金沢の有名ラーメン店「麺や 福座(ふくぞ)」でプリプリの能登カキ入り「かき塩ラーメン」を食べてきた

f:id:Littlebeans:20170101212550j:plain

今年の年末年始は例年どおり、我が家のオクサマの実家である石川県に来ています。滞在中に金沢市在住の義姉に「金沢で超ウマイお店ないですか?」と聞いてみたところ、「麺や 福座(ふくぞ)」というラーメン屋に連れていかれました。

 

 「麺や 福座」の場所

 

 

「麺や 福座」は、金沢駅から車で約20分程度の場所にあります。新幹線で金沢観光に来た人が「ちょっと行ってみようかな」と行ける場所ではないかもしれませんね。でもそれだけ「地元の人が知る穴場」的な場所ということでしょうか。

 

「麺や 福座」の営業時間

  • 営業時間(昼):11時半から14時25分ラストオーダー
  • 営業時間(夜):平日18時(日祝日は17時半)から20時55分ラストオーダー
  • 定休日:毎週月曜日(月曜が祝日の場合は営業、火曜日が振替)
  • ※月に2回、月・火の連休アリ

 

今回はお昼に食べに行ったのですが、かなりの人気店であるため、開店直後にはもう行列ができていました。並びたくない場合は開店時間ピッタリか、少し早めに行くといいかもしれません。

f:id:Littlebeans:20170101215011j:plain

 

店内はちょっと狭くて、カウンター席が12ほどでした。

 

「麺や 福座」のメニュー

f:id:Littlebeans:20170101215202j:plain

 

基本的にラーメンは3種類なのですが、タイミングによっては季節限定メニューが用意されていることもあります。トッピングには「辛ニラ」や「煮玉子」などが用意されているほか、サブメニューでライスやおにぎりもありました。

 

煮干し豚骨(800円)。煮干しのダシがとても効いていて味は濃厚ですが、とろみはなくさらさらとしたスープです。個人的にはとても好き。

f:id:Littlebeans:20170101215627j:plain

 

新味 中華そば(750円)。基本的には鶏ベースなのですが、野菜も大量に使われているようで、強い甘みを感じます。スープは透き通っていて、どちらかというとアッサリ系かも。

f:id:Littlebeans:20170101215947j:plain

 

二代目 福座ラーメン(700円)。店の名前を冠したラーメンですが、今回はいただきませんでした。「二代目」というのは、実は2016年10月にメニューがリニューアルされたためとのこと。以前よりもメニューの品数が減ったらしいです。味や具も変わったので、「昔のほうが好きだった」という声があるとか、ないとか。

f:id:Littlebeans:20170101220426j:plain

 

冬季限定メニュー「かき塩ラーメン」を食す

筆者は冬季限定の「かき塩ラーメン」をいただきました。値段は950円とほかのラーメンよりもやや高めですが、能登中島産のカキが3粒入っていることを考えれば、納得できる範囲ではないかと思います。

f:id:Littlebeans:20170101220835j:plain

 

カキは大粒でプリプリ! プラス300円で3個追加できるとのこと。

f:id:Littlebeans:20170101221038j:plain

 

穂先メンマはデカくて柔らかい! 具として入っているレモンや菊菜も、独特の味わいでした。

f:id:Littlebeans:20170101221116j:plain

 

スープは鶏&野菜メインで、ゲンコツや背骨も使われているとのこと。でもスッキリと澄んでいます。塩ダレはカキの貝汁がベースで、潮の香りと味わいが特徴的でした。

 

また麺には、全粒粉を使ったちぢれ麺が使われています。ラーメンの種類によって打ち方の異なる麺を使いわける店にはいったことがありますが、麺の材料まで変えるのははじめて。

f:id:Littlebeans:20170101221603j:plain

 

こちらは、自家製のカキラー油。

f:id:Littlebeans:20170101221704j:plain

 

「かき塩ラーメン」自体は比較的スッキリした味わいなんですけど、カキラー油を入れると一気にコクが増します。ただし辛味も増すので、分量には注意したほうがいいでしょう。

f:id:Littlebeans:20170101221839j:plain

 

こちらは「かきめし(300円)」。

f:id:Littlebeans:20170101222023j:plain

 

スープの量はやや少なめですが、丼の底が深いので足りなくはありません。普段はスープを残してしまうこともあるのですが、思わず飲み干してしまいました。

f:id:Littlebeans:20170101222206j:plain

 

なお「かき塩ラーメン」は2016年いっぱいで終わりで、2017年1月中旬から「かきしょう油味」になるそうです(みそだったかも?)。毎年恒例の限定メニューとのことなので、次に「かき塩ラーメン」を食べられるのは2017年後半の冬ということですね。

 

ということで、今回は金沢の有名ラーメン店「麺や 福座」について紹介しました。金沢駅から車で20分とちょっと離れているのですが、機会があればぜひ食べてみることをおすすめします。

 

「麺や 福座」
〒921-8161 石川県金沢市有松4丁目1−1

tel:076-243-2930

トイザらスで180cmのクリスマスツリー(飾り付き)を約1700円で購入した話

2017年元旦、新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

 

ということで、2016年の12月に買ったクリスマスツリーの話です。記事にしようと思っていたんですが、いつの間にか日にちが過ぎてしまってこのタイミングになってしまいました。そんなわけで、ひとつよろしくお願いいたします

12月24日にクリスマスツリーを購入🎄

これまで我が家ではクリスマスにツリーらしいツリーを飾ったことがなかったのですが、不意に思い立ってクリスマスツリーを購入することにしました。

 

家を出る前に「24日のクリスマスイブにツリーなんか余ってないよ」と我が家のオクサマに言われたのですが、トイザらスではまだ売っていましたよ。ただ、電飾なしのノーマルなツリーは展示処分品以外の在庫がほとんどなく、電飾込みで1万円以上のツリー(120~150cmくらい)はかなり余っていました。

 

ウチのお子様たちは電飾ツリーにしようと言っていたのですが、なんとか説得して電飾なしのツリーにしました。しかも展示品です。

 

実は24日の時点でツリーは半額になっていてそれなりに安かったのですが、展示品はさらにその半額になっていました。通常は税込みで6800円程度のものを、75%オフの1700円程度で購入したわけです。これは、かなりの激安価格ではないでしょうか。

 

購入したツリーはこんな感じ。

f:id:Littlebeans:20170101182017j:plain

 

商品名は「180cm スリムマジソンツリー」。トイザらスのオリジナル商品らしく、通販サイトではツリーだけで3000円で販売されていました(現在は品切れ中)。

f:id:Littlebeans:20170101182129j:plain

 

箱を開けた様子。

f:id:Littlebeans:20170101182241j:plain

 

箱の中身。ツリーは3分割されていて、スタンドの部品も同梱されています。

f:id:Littlebeans:20170101182308j:plain

 

スタンドを取り付けて、ツリーの土台を立たせた状態。枝が傘のように開きます。

f:id:Littlebeans:20170101182354j:plain

 

すべてのツリーを取り付けた状態。高さは約180cmです。

f:id:Littlebeans:20170101182503j:plain

 

ウチのお子様たちと大きさの比較。けっこう大きいですよねえ?

f:id:Littlebeans:20170101182544j:plain

 

この状態から枝を整え、セットのオーナメントを取り付けた状態がコチラ。

f:id:Littlebeans:20170101182718j:plain

 

シルバーのモールを追加していますが、残りのオーナメントはセットのものです。とても約1700円とは思えないほど。正直なところ展示処分品というのいが気になったのですが、汚れや破損はまったくありませんでした。かなりお得に買えたので、とても満足しています。

クリスマスイブにケーキを購入🍰

で、ケーキを購入してクリスマスの準備OKといった感じでした。ちなみにクリスマスケーキは狭山市ではおなじみの菓子屋「かにや」で購入しています。

 

リンク

 

かにやでのクリスマスケーキの予約は12月14日までだったのですが、12月24日でも4号サイズと5号サイズのケーキが販売されていました。ただし今回は14時ごろに購入したので、時間が遅くなると売り切れるかもしれません。

 

購入した5号のケーキはこんな感じ。

f:id:Littlebeans:20170101183804j:plain

 

ということで、今回は12月24日にクリスマスツリーとクリスマスケーキを購入した話でした。クリスマスイブでも、いろいろなんとかなるもんですね。とは言え、常になんとかなるというわけでもないので、2017年はもう少し早く進めようと思います。

 

 

ブログの記事もね。

アマゾンで買って「失敗したかな?」と感じたモノ2016

2016年は本当にいろいろなモノを買いました。パソコンだけでも10台購入していたり、アマゾンの購入履歴が2016年だけで150件あったり……。どれだけ使ったのか把握するのが怖いくらいです。確定申告の時期に、突きつけられることになるのですが。

 

フツーなら2016年の振り返りとして「買ってよかったモノ」を紹介するべきなんでしょうけれども、まだ絶賛買い物中という感じでして。大晦日であるはずの本日31日にもマウスとカメラが到着するし、我が家的には「まだ2016年は終わっちゃいないゼ!(11時現在)」という状況なのです。

 

ただ2016年のものを2017年に公開するのはアレだよね、ということで急きょ「アマゾンで買って失敗しちゃったなー」的なブツをまとめました。あらかじめ言っておくと、ここで紹介するモノ自体は非常にデキがいいのですが、自分に合わなかったという意味で取り上げています。

 

ぷよぷよボール 

 

とあるイベントにて20粒300円くらいで販売されていたことにカッとなって、思わず注文したもの。商品名は「ぷよぷよボール」ですが、「アクアボール」とか「ジェリービーズ」などとも呼ばれています。100円ショップなどでもよく見かける、ぷにょぷにょしたアレ。

f:id:Littlebeans:20161231103847j:plain

 

同系色で揃えると、けっこうイイ感じになります。お部屋のアクセサリーとしてもアリ。

f:id:Littlebeans:20161231104039j:plain

 

ただですね、量がハンパないんですよ。ボールを水で戻すのですが、メチャメチャ大きくなります。ほんの2~3g程度を戻してみたらすごく膨らんで超アセりました。

f:id:Littlebeans:20161231104501j:plain

 

ひと袋100g入りですから、全部戻すとトンデモないことになりそうです。

f:id:Littlebeans:20161231104555j:plain

 

ごめんなさい。実はひとつウソをついていました。買ったのはひと袋ではなく、5袋入りのものです。

 

水でふくらむ♪ ぷよぷよボール【5袋セット】

水でふくらむ♪ ぷよぷよボール【5袋セット】

 

 

戻したボールは案外もろくて、ちょっとした衝撃で割れてしまいます。排水溝に流すわけにもいかないので水を切ってからゴミとしてまとめるのですが、これが本当に面倒でして。そんなわけで、我が家にはぷよぷよボールがまだ大量に残っています。せめてひと袋にしておけばよかった。

 

ファイティングスティック MINI4

【PS4/PS3対応】ファイティングスティック MINI4

【PS4/PS3対応】ファイティングスティック MINI4

 

 

 SteamでストVを購入した際、アケコンも欲しいなーということで入手しました。USB接続なので確かにWindows 10でも認識されたのですが、なぜかストVでは認識されず。認識用のツールを使ってもうまくいかなかったので、そのまま放置しています。やっぱり、別のアケコンを買うべきだったのでしょうか。

 

 

ドウシシャ かき氷器 電動ふわふわとろ雪

ドウシシャ かき氷器 電動ふわふわとろ雪 DTY-16BK

ドウシシャ かき氷器 電動ふわふわとろ雪 DTY-16BK

 

 

2016年5月にComputex Taipei 2016の取材に行きまして、そのとき台湾の夜市で食べたマンゴーかき氷に感動しました。

 

 

これをなんとか自宅で再現しようと思って上記のかき氷器を買ったのですが、なぜかうまくできませんでした。氷がフワッとならないし、すぐ溶けちゃうし。もしかしたら、材料や作り方でコツがあるのかもしれません。

 

Kindle (Newモデル)

 

4000円割り引きキャンペーンのときに、ついカッとなって購入。キンドル自体は非常に優れたデバイスなのですが、よく考えたらキンドルで読書することがほとんどありませんでした。しかもFireタブレットを3台、前モデルのキンドルも持っているし。そんなわけで、箱から出してもいません。

 

エアロビー (小)

ラングスジャパン(RANGS) エアロビー (小) オレンジ

ラングスジャパン(RANGS) エアロビー (小) オレンジ

 

 

河原で子供と遊ぶために購入しました。フリスビーの要領で投げると、200メートルくらい飛びます。モノとしては非常にイイのですが、よく飛ぶということは明後日の方向に飛ばすとそのままビューンと行っちゃうわけでして。届いたその日になくしました(涙)。

 

そんなわけで、次はこれを買おうと思います。400メートル飛ぶらしいですよ(こりてない)。

エアロビー 大 PRO ピンク

エアロビー 大 PRO ピンク

 

 

Aterm MR04LN

 

台湾取材のときに、海外でも使えるSIMフリールーターが必要だろうということで購入しました。

f:id:Littlebeans:20161231111717j:plain

 

現地のSIMは中華電信のものを利用。5日間使い放題で約1000円と非常にリーズナブル。

f:id:Littlebeans:20161231111852j:plain

 

モノとしては非常にイイのですが、日本に帰ってきてから使う機会がまったくありませんでした。自宅にこもりがちなので、よく考えたら外でモバイルすることはあまりないんですよね。

 

でも最近、アマゾンのサイバーマンデーウィークで新モデルのAterm MR05LNが1万1990円のセール販売されていたので、思わず購入してしまいました。

 

 

そのうち、MR04LNとMR05LNの比較記事をまとめようと思います。

 

Anker PowerCore+ 26800

 

「大は小を兼ねる」という言葉に惑わされた案件。購入したのは「Anker PowerCore+ 26800」というモデルですが、現在は品切れになっていました。

 

容量的にはまったく問題ないのですが、590gの重量は相当重く感じます。あと、大きさがとてもデカイ。

 

やっぱり、モバイルバッテリーは20000mAhあたりがいいんじゃないでしょうかね。10000mAhのも持ってますけど、ちょっと心もとないですしおすし。

 

KORG アナログシンセサイザー monotron DUO

KORG アナログシンセサイザー monotron DUO モノトロン デュオ

KORG アナログシンセサイザー monotron DUO モノトロン デュオ

 

 

手のひらサイズのアナログシンセ。昔Juno-106に憧れていたけど高くて買えなかったこともあって、2000円台という安さにつられて思わず購入してしまいました。

 

音自体はとてもおもしろくて「にゅぅうおぉぉぉんぬぅぅぅ」的なサウンドを簡単に出せるんですけど、音楽的な才能&スキルが欠落しているので、まったく使いこなせませんでした。たぶんほかの機材がそろっていると、いろいろ活用できるんだろーなー(たぶん違う)。

 

ということで、今回は筆者が購入して「失敗しちゃったなー」というものを紹介しました。もうすでにおわかりだと思いますが、失敗の原因は筆者の短絡的な衝動買いであって、モノ自体が悪いわけでは決してありません。よく考えずになんとなく買っちゃうとあとで失敗するヨということを、読者のみなさまにもご理解いただければ幸いです。

 

 

 

来年もきっと失敗するけどね!

20年前に就活失敗した私は、いまフリーランスで生きている

 

読みました。

 

www.iwata09.com

 

ブコメにも書いたんですけど、読んだ直後は「新卒でフリーランスだなんてバカじゃないの」と思っていました。しかし自分も就職活動に失敗し、大学を卒業してからアルバイトとして働き始めたことを思い出したら、この記事や界隈への考え方が180度変わりまして。老婆心ながら応援の意味も込めて私自身のことを語ろうかと、筆をとったしだいです。

 

留年からの就職活動失敗

実のところ、就職活動を始めてから比較的早い段階で内定をもらえていました。内定先はいまは亡き(吸収合併されたという意味で)C◯Kという会社です。しかし3月になって単位不足から留年が決定。内定先や両親には大きな迷惑をかけてしまいました。

 

そんなわけで2回目の就職活動を行なったわけですが、卒業できなかった学生を採用しようという企業はなく、しかも自身のモチベーション低下もあって、早々に就職活動を諦めてしまったのです。2回目はたぶん、10社も回らなかったんじゃないかな。1年目と合計しても、おそらく40社に達していないはず。

 

ちなみに、2回目の就職活動中にとある企業の人事の方から「君からはやる気が感じられない」と言われたのですが、いまにして思うと慧眼としか言いようがありません。当時の私は憤慨していましたが。

 

働く先が決まらないまま卒業

就職活動を諦めた私は、出版社でアルバイトをしていたサークル後輩の勧めもあって、とりあえず出版社で働いてみようという気になります。親にもなんとなく伝えて(さんざん嫌味を言われましたが、当然ですよね)、じゃあ在学中から始めようかと思っていたところ、その編集部が突然募集を打ち切りまして。非常に困った事態になりました。

 

それでも、3月には卒業してしまうわけでして。じゃあ4月からどうしたのかというと、日雇いのバイトをしていました。親には「出版社で働く」とかウソをついて。で、引っ越しの作業とか通販の仕分けをしながら、本屋さんで雑誌を片っ端から見てアルバイトの募集がないか調べていたのです。

 

たまたま見かけたPC雑誌でアルバイトを募集しており、そこへ応募したところ、なんとかアルバイトとして働くことができるようになりました。いま思うと、とんでもなくヒデえ野郎ですね。

 

アルバイトから正社員へ

当時私がいた編集部というか出版社では、アルバイトからキャリア(と呼べるシロモノでは……)を重ねるのが普通でした。だから周囲は同じアルバイトばかり。そこから契約社員→嘱託社員→正社員というのが、一般的な出世ルートです。

 

幸いにして私はそのルートに乗れたわけですが……、自分でもよく乗れたよな、と思います。アルバイト~契約社員時代の勤務態度ときたらそりゃヒドイもので、無断欠勤はするし会社でプラモを作るし、やるべき仕事をちゃんとやらないし……。いろいろと多くの方々に迷惑をかけていました。許されるとは思っていませんが、この場を借りてお詫びします。

 

社員になっても根本的な部分は変わらなかったのですが、そのあたりの話は自分でも顔を覆いたくなるほどなので、ここでは割愛させていただきます。でもなんでそんな私が社員になれたかというと、当時の編集部には「原稿を(そこそこでも)書けるヤツがエライ」的な風潮があったからではないかと。編集者は本来、原稿を書いてもらってナンボの立場なんですけどね。

 

その後のことをザックリと説明しますと、以下のような感じです。

 

部数激減で雑誌休刊→編集部が吸収合併→契約社員へ→体調を崩して退社(正確には単語が違う気がしますけど)→一瞬フリーになるものの緑内障の疑いで仕事するのをやめる(メールすら確認しない)→オクサマがキレる→近所のスーパーでパートとして働く(惣菜担当)→フリーとして活動しようするも、かつての上司に拾われて編プロに入社→数年間働いたのちに、いろいろあって退社→フリーライターとして活動→ライターとして活動しつつ、ブログも運営(イマココ)

 

最近までコロッと忘れていましたけど、なんかいろいろやってますね。

 

テキトーでもなんとかなるさ

いまはライターとしての活動よりもブログ(ここではない、どこか)の運営に力を入れているのですが、とりあえず日々の生活はなんとかなっています。ブログの規模はまだまだ小さいのですが、いずれは一部外注化とか、専属スタッフとか、いろいろ考えているところです。もろもろ察していただけると助かるのですが、なんとかなっている状況と言ってもいいかな、と。

 

振り返ってみるとあまりのヒドさに我ながら引き気味ですが、生きていればなんとかなるような気がします。人生には、山も谷もありますが。

 

ただ、前述のエントリーを書かれた方は当時の私よりもはるかに意識が高くしっかりしているようにお見受けしますので、きっと私よりもうまくやってのけるでしょう。フリーランスとフリーターとでは意味も立場もまったく違いますが、就活失敗で新卒から就職しない点では同じ。それでもなんとかなるヨ! 的な感じで、ゆるくエールを贈りたいと思います。

 

フリーランスとして生き残るには?

とは言いつつも、フリーランスは厳しいという現実もありまして。そのあたりについては、前回のエントリでまとめています。

 

littlebeans.hatenablog.com

 

フリーランスになることについて応援するとは言いましたが、諸手を挙げて賛成するというわけではなく、どちらかと言うと「好きにすればいいんじゃない?」といったところです。心情的には、以下のエントリと同じ。

 

cards.hateblo.jp

 

常々「フリーランスで一生食べていくのはとても難しい」と思っていまして、実際にフリーランスを辞めた方も大勢いらっしゃいます。生き残るのは、ほんのひと握りです。5年間食えても、10年後にはわかりません。そのためフリーランスとして活動しながら、いつ撤退するか、さらには撤退後にどうするかを考えておく必要があります。いや必要ではないのですが、あらかじめ考えておくと精神的に安定するかなと。

 

駆け出しのころは「なんでもやる」と意気込み、そして時給換算の落とし穴へとはまるわけですが、まあそれもアリでしょう。ただもし精神的に余裕があるのなら、「コネ」と「スキル」と「実績」が残る仕事を中心にこなすことをおすすめします。

 

ということで、最後はなんだか蛇足気味になりましたが、新卒フリーランスのみなさまにおかれましては、今後ますますのご活躍を心よりお祈り申し上げます。

 

 

ようこそ、修羅の道へ――フリーランスの厳しい現実または生存戦略について

"フリー"であることの代償

 

とある界隈では"フリーランス"という立場にある種の羨望があるようでして、実際に身を投じる方や将来の希望として考える方がいらっしゃるようです。私自身としては別にフリーランスになること自体に思うところはなく、基本的には「やってみればいいんじゃないですかねー」ぐらいにしか考えていないのが正直なところ。チャレンジする姿勢については悪くないどころか、むしろ高く評価するべきだと思います。

 

けれども、フリーランスというのは、それほどお気楽な生き方でもないんですよ。むしろ生き残っていくのが難しい"修羅の道"ではないかと。

 

私はたかだかフリーランス歴5年の若輩者ではありますが、前職・前々職でさまざまなフリーランスの方々とお仕事をさせていただきました。業界歴としては、今年で20年目です。ごく限られた観測範囲の話でありジャンルが変われば事情も変わるのかもしれませんが、長期間フリーランスとして活躍し続けている方はほんのひと握りです。多くの方が、フリーランスという生き方を辞めて、別の人生を歩んでいらっしゃいます。具体的には、以下のような感じ。

 

フリーランスを辞めたあとの進路

  • 企業に就職する(自分のいた界隈に関連する/しないを含めて)
  • 会社を立ち上げる
  • ほかの職種へジョブチェンジする(大学講師、資格を活かした職種など)
  • 消息不明

 

上記のなかでもっとも"ゴール"に近いのは、ジョブチェンジの道でしょうか。会社設立もゴールのように思えるかもしれませんが、実はより厳しい道のスタートでして、経営が立ち行かなくなって会社をたたむ方も少なくありません。フリーランス時代に培った知識やスキルを武器に、それなりの企業に潜り込めれば超ラッキーといったところでしょう。


ただし年齢を重ねるにつれて企業はプロジェクトの管理能力、つまり"人を動かす力"を求めてくるわけでして。フリーランスという立場はその能力を伸ばしづらいこともあり、一定の年齢を超えると就職が非常に難しくなります。たとえ就職したとしても、生え抜きの幹部候補と比べて待(以下、涙にむせびながら略)。

 

そんなわけでフリーランスの道を選ぶということは、目の前にある自分の可能性を広げるとともに、退路の選択肢を減らしているとも言えるのではないかと思うわけです。

 


稼ぐための道筋を自分で切り開く

 

ではフリーランスとして生き残るために、なにをしなければならないのでしょうか。その質問に対してはさまざまな意見があると思いますが、大きく考えると「収入が増えるシステムを自力で作り上げる」ことだと、私は考えています。

 

企業にいれば多少の差異はあれ、半ば自動的に収入は増えていきます。しかしフリーランスの場合は、だまっていても収入が増え続けることはまずありません。自分で考えて、工夫して、努力しなければ、収入は低いままです。会社員の場合でもある程度共通する部分はありますが、フリーランスの場合は日常的な業務に加えて生存戦略を練る必要があるという点でシンドイです。

 

たとえば、一番手っ取り早い(と思われている)ライター業について考えてみましょう。ライター業で平均的な収入を得るには、いったいどれだけの成果物を納品する必要があるのでしょうか。

 

国税庁が発表した「平成25年分 民間給与実態統計調査」によると、給与所得者の平均給与は年間414万円(資料5ページ目を参照)とされています。

 

参考資料

 

もしフリーライターとして1本5000円の原稿を書くならば、年間828本納品する必要がありますね(便宜上、源泉徴収や諸経費は考慮していません)。365日休みなく働いたとすると、毎日2.2本以上書かなければなりません。原稿の執筆には取材や検証、調査などが必要になりますが、その作業時間も含めての話です。どうでしょうか、やれそうですかね。

 

ちなみにフリーランスは保険料や年金などを全額払う必要がありますから、現実的にはもっと収入を得なければなりません。確定申告で経費が~というのは、また別の話。

 

さらにもっと言うと有給なんて素晴らしい仕組みは一切なく、体調不良で仕事ができない、あるいはなんらかのトラブルで手が止まると、そのぶんの収入は減っていきます。

 

そんな事態を防ぐには、常に体調管理や機材のメンテナンス等を意識する必要があります。また支出や収入を管理したり請求書を発行したり、スケジュール管理も自分で行なわなければなりません。このように、フリーランスは総務/経理/システム管理の仕事に加えて、自己管理まで行なう必要があるのです。うわー、メンドクセー。

 

そう考えると、1本5000円のお仕事なんて、到底やってられません。1日に10本納品できるスキルを身に付ければ別ですが、普通は仕事の単価を上げる必要に迫られます。では単価はどうやって上げるべきなのでしょうか? そんなこと私が教えて欲しいくらいなのですが、私のつたない経験からなんとかひねり出せたのは以下の4項目です。なお、私自身が実現できているとは限りません。

 

仕事の単価を上げる方法

  • 専門的な知識やスキルを身につけて、自分にしかできない(あるいはできる人が少ない)成果物を仕上げる
  • 積極的に営業を行ない、条件のいい案件に出会えるチャンスを広げる
  • 担当者周辺の人物とも積極的にコミュニケーションを取る
  • 報酬以外のメリットを考え、中長期的な視点で判断する

 

個別の項目について解説すると全体のボリュームが書籍1冊ぶんくらいになりそうなので、今回はあえて説明しません。ここから自分なりの気づきを得られれば、フリーランスとして生き残る可能性は上がるでしょう。決して、メンドーになったから説明しないというワケではありませんよ。ホントですよ?

 

それはともかく、この単価を上げる方法は一時的にこなせばいいわけではなく、フリーランスとして生きていく限り継続する必要があると私は思っています。別に全部でなくてもいいのですが、最低でも2つは常に意識しておく必要があるかなと。4つ全部できる人なら、もしかすると大成するかもしれませんよ。

 

以上は単価を上げる方法についてですが、収入を増やすシステムには別の方法もあります。たとえば外注を利用するですとか、別の職種にも進出してみるですとか、知名度を上げて優位な立場に立つですとか、手段はいろいろです。すでにノウハウを持っている人からやり方を聞き出すのが効率的ですが、最終的には自分の頭で考え自分の手を動かす必要があります。

 

しかし、これらを一定のテンションを維持し続けたまま継続していくのは相当ツライんですよね。30台半ばを過ぎると体力も衰えてきがちですし、40台になると若い人でもなりがちなスマホ老眼が進んだりしますし(決してただの老眼ではありません!)。体力的にも精神的にもタフ(あるいは鈍感とも言う)でなければ厳しいものがあります。

 

フリーランスに必要なものは会社で身に付けられる

 

じゃあフリーランスとして生きていくのは超人でなければムリなのかというと、実はそうでもありません。独立前にコネとある程度の知識/スキルを身につけておけば、比較的こなしていけます。で、それらを効率的に身につけるには、結局のところ会社に勤めるのがよかったりもするんですよね。

 

また会社である程度の経験を積むとそれなりの責任を持つことになり、その結果として管理能力が培われていきます。これはフリーランスでは得難い、貴重な経験です。プロジェクトの進行がうまく行かなかったとしても、「多くの人は効率や成果ではなく、感情で動いている」などの気づきを得られることもあるでしょう。

 

もしいま会社勤めをしている人でフリーランスへの転向を考えているなら、いまの職場で可能な限り下地作りをしておくことをおすすめします。やりたいことと関係がないように思えても、この先なにが起こるかはわかりませんよ?

 

フリーランスがこの先生きのこるには?

 

しかし会社でコネやスキルを得たしても、フリーランスで生きていくのは修羅の道です。ノースキルならなおのこと。業界のルールや経験がないとわからないことだらけで、時にはヘコむこともあるでしょう。会社員なら先輩や上司が教えてくれるかもしれませんが、フリーランスは自力で身に付ける必要があります。

 

でもだからといって、別にフリーランスなんてやめとけというわけではありません。フリーランスという立場で得られにくいものを意識しておくと、後々に役立つのではないか、ということです。特に若さは体力面や印象面など、いろんな意味で大きな武器となります。大切なのは、自分の強みを意識して今後どう生き残るかを考えることです。

 

世界は5~10年で大きく変わることもあります。初代iPhoneが発表されたのは2007年1月で、日本でiPhone3Gが発売されたのは2008年7月のこと。まだ10年たっていませんが、モバイル/PC市場は劇変しました。この変化によって新たに生み出されたものも数多く存在しますが、消えたものも多くあります。

 

このように、いまは順調でも短期間で不調に転じることがあるかもしれません。たとえば私は、出版/メディア業界で写植→DTPへの変化や紙媒体→ウェブ媒体の変化に乗り遅れフェードアウトしていった事例を見てきました。また依頼主に変化があると、真っ先に切られるのは外注です。そんな情勢を乗り切るためにも、フリーランスは自らを守る手段を身に付けなければなりません。"自営業"ではなく、"自衛業"です。あ、フリーランスって"自由業"でしたね。ウマイこと言えたつもりだったのに……。

 

そんなわけで、私が言いたいことはただひとつ。

 

「厳しいけど、みんなで生き残ろうぜ!」